無料カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE!#17(NHKテレビ10月13日放送分)

【オモえもん】

 ユメカちゃん(石橋杏奈)初登場。オモえもん(星野源)の出す道具、だんだん雑にというかクオリティーが下がっていないか。問題の解答集なんてひみつ道具ですらない。その辺がサトシくん(ムロツヨシ)に受け入れられてないのでは…。

 ちなみにご本家では、のび太がしずかに勉強教えてもらうときはだいたい彼女の家を訪問している。のび太の部屋で勉強教えるパターンは大長編「のび太の宇宙開拓史」が印象深いな。って、コント本編で語ることあんまないからこんなん書いてるw

【LIFEアニメ】

 うそ太郎(星野)、どうしたろうかしゃん(ムロ)、イカ大王(塚地武雅)がLIFEアニメ初登場。どうしたろうかしゃんの使い道があまりうまくなかったように思う。やはり星野のムチャぶりが前提にないとあれかな。

【おっさんの町】

 町おこしのネタって前のシリーズでも見た気がするんだが。中盤ごろ「たぶん内村光良がアドバイザー(ムロ)のいう素朴なおっさん役で出るんだろうな」と予想したが、それにしてもキャラ立ってねえおっさん演じてんなwとはいえ、内村は「笑う犬」時代に地味な主婦・内田よしえを演じた実績がある。そのオマージュとなるか異なる方向に行くのか、ともあれ第2回を楽しみにしたい。

 内村というかウッチャンナンチャンとは「お笑いスター誕生」の同門となるでんでんが、町長役で躍動。今回の出演で彼が芸人だったことを知る人も多かろう。

【LIFEレッスン】

 新企画。塚地が女性陣に一発ギャグを教授。せっかくなので私が100点満点で採点してみたw

 石橋…「ウルトラソウル」のワードチョイスが絶妙。あの両手を下に広げる振り付けは西村ヒロチョぽいが、元ネタはどこなんだろう。89点。

 吉田羊…ネタ前の説明が長いのはあれだがw、お笑いの法則である緊張と緩和をうまく取り込んでなかなかにクオリティーは高かった。91点。

 西田尚美…なぜかシソンヌじろうのネタ「ヒザストリッパー」をブラッシュアップw脱ぎ演技のリアルさ、振り向き顔のキュートさ、体を手で隠しながらのヒザ強調など見せ方は完ぺきだったと思う。95点。

 よって私の審査では、西田さん優勝ですw

【メッセージ】

 安藤忠雄をモチーフにしたようなデザイナー(内村)が、とある市のために建築したモニュメントを市職員(吉田)に滔々と説明しようとするが…。

 神妙な表情を浮かべる内村の演技が印象的なコントだが、まあ創作物なんてものは、いったん発表すればあらゆる人々の批評の対象になる。その受け取り方は人それぞれであり、作り手の思いからは解放されたものとなる…と自分でも処理しづらくなるようなことを書いたがw、あれだけ町の人々にありがたがられるものを造ったのだから、作製の意図はどうあれデザイナーは胸を張ってよいだろう。