無料カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「LIFE!」#29(NHKテレビ2月2日放送分)

【正しい人】

 『Quick Japan』誌の「LIFE!」特集での収録ルポで一部内容が伝えられていたコントだが、あれ昨年8月くらいだっけ。えらく寝かせたな。

 内村光良演じる八文字正義(はちもんじ・せいぎ)が己の信ずる「正義」を振りかざして次第に暴走するという、よく言えばオーソドックス、悪く言えば目立った特徴のない内容。タンクトップに太眉という八文字正義のルックスも内村にしては工夫が足りないような…。

 俺がこういう酷評をしてしまう内容のコントだからこそ、放送に半年かかったのかもしれないw

【HOTなカマタくん】

 あ、このシリーズコントをレビューするのはひょっとして初か。しかし今回で最終回というねw

 最終回はなぜか壮大な展開。ボクシングみたく、カマタ(田中直樹)が関西のホットパンツァーチャンピオンである松下優也と統一戦をたたかう。カマタのライバルだった木暮(ムロツヨシ)もこの大一番にセコンドを担当するという往年のジャンプ展開に胸熱となった視聴者も多かろうが、木暮は試合前に会場周りの池に落ちピラニアの餌食になるというwお笑いコントなのに無駄に盛り上がる展開はツボった。

 果たして今期朝ドラ「べっぴんさん」で売り出し中のイケメン俳優松下は、星条旗をあしらったホットパンツでカマタと疲労困憊(こんぱい)、白目をむきながら競り合う健闘ぶり。その松下のマネジャー役を演じた吉田羊も、初挑戦であろう白髪カツラを被り、松下にカマタを油断させてピラニア池に落とすよう命じるなど非情な悪徳マネジャーをやり切ってみせた。吉田もこれだけ振り切った演技を昨年シリーズ開始初期から見せていれば、新参に厳しい「LIFE!」ファンも叩かなかったのではと余計ながら思った。

 勝負はコミッショナー的な長老ホットパンツァー(内村)の裁定によりカマタの勝利。木暮の無事も確認され、物語は大団円を迎えた。しかし気がかりなのは控室のラストシーンで石橋杏奈が意味ありげな戸惑いの表情を浮かべていたこと。てっきりカマタの相手が石橋の生き別れの兄とか音信不通の恋人なのかと思ったぜ。

【お荷物】

 2週ほど「LIFE!」コント放送分でごぶさただった西田尚美のコメディエンヌぶりが堪能できるキャンプコント。しかし山のキャンプにハープてwそういう無茶をごり押ししてしまう信念の強い音楽家を西田はきっちり演じてみせた。やはり「LIFE!」女性陣の大黒柱は西田だと感じさせられたコントだ。