無料カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M-1グランプリ2016決勝戦感想その2

レビュー

★ファーストラウンド

相席スタート

 初出場。恋愛と野球の投球術というのは、駆け引きがものを言うという点で共通すると個人的には思う。そこへ相席スタートの2人(山崎ケイ、山添寛)が着目したのかは定かでないが、野球好きとしては冒頭のやりとりから非常に引き込まれるものがあった。

 野球の投手も、ボケの山崎同様(?)「振ってもうた!」と打者に悔しがらせるために日々精進している。投手が打者の空振りを奪うテクニックとして「ボールになる変化球を振らせる」のは、今や現代野球において定番であるからだ。

 そんなこんなで、合コンを野球の1打席勝負にたとえてのネタは非常に楽しませてもらった。通常の野球中継では、打者が1球ごとにバッターボックスを外してインタビューに応えるなどありえないのだが、展開を飽きさせない工夫としてすんなり受け入れられた。

 フルカウントから投じられた球は、ボケの山崎がこれまで各所で披露してきた「ちょうどいいブスのテクニック」のおさらいではあるのだが、それまでの伏線の張り方が非常に丁寧だったので、山添の「振ってもうた!!」は素直に笑わせてもらった。客席も拍手笑いで沸き返り、ウケそのものは彼女たちの狙い通りに行ったかもしれない。

 しかし合計得点は436点どまり。私の採点は92点。漫才の生命線である掛け合いの部分が薄かったと言われれば否定しようがないので、結果的に最下位に終わるのもやむなしかなとは思っているが。

銀シャリ

 3大会連続3回目。旧M-1から数えて3大会連続ファイナリストとなる今大会の大本命。「ドレミの歌」を題材に取ったと分かったときは「相変わらずだな…」と思ったものだが(初決勝の第10回大会では「アルファベット」をネタにしていた)、鰻のボケの強度が上がっていることに新鮮な驚きを覚えた。

 「レ」の段で必ずうろたえるくだりなど、これまで橋本のツッコミが少なからず笑いの起点となっていた印象だが、今大会においては鰻のボケでも笑いが起き、さらに橋本のツッコミで笑いを増幅させるという黄金のループができていたと思う。一見単調なネタなんだが、退屈せずに最後まで見られた。

 合計得点470点は、ファーストラウンド全体でトップに。個人的な採点は93点。

 

 続きます。