無料カウンター
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「LIFE!」#7(NHKテレビ6月2日放送分)

 人気シリーズが次々と登場し、かつクオリティーの高い回だった。

・プラス車掌

 塚地武雅石橋杏奈と食い物系のイジリが続いたので内村光良にはチャーハンイジリ来るかなと思ったが、変化球のシャンプーネタ。まあシャンプーはコント師の職業病あるあるみたいなものだろう。ドリフターズなんて毎週生放送でずぶ濡れたり汚れたりしてたもんなあ。舞台終わったら速攻風呂だったろうな…と伝説の番組に思いを馳せてしまった私。

・ゲスニックマガジン

 今シリーズで遂に登板の名物コント。舞台もこれまでの制作発表という格式ばった場所から、ささりん(石橋)率いるグループ「放課後おとめ組」の事務所ビル前と何気に新機軸を打ち出している。前のシリーズで数本制作された「おっさんが作っています」ではVTR出演どまりだったささりんを「ゲスニックマガジン」記者・西条(田中直樹)の標的に起用したのも、手塚治虫スターシステムを彷彿とさせてニヤリとさせられる。

 ネット上では新作を最も期待されていたシリーズの一つだけに、田中の演技はより振り切れていたし、何よりオチに感心させられた。アイドルグループと切り離せない恋愛ネタで、あの西条を特攻させる。まさにゲスとしか言いようのない所業だ。塚地の「マスコミ界のダスティン・ホフマン」はいいように言いすぎだと思うぜw

・妖怪どうしたろうかしゃん

 こちらも人気シリーズの新作。「カッツ・アイ」同様、星野源と石橋のカップルによる説明シーンが丁寧で一見さんにも優しい演出だ。

 そしてムロツヨシの汗が改めて尋常じゃないwそれも今回のメインであるタライネタを見れば、無理からぬところだ。「落ちてくるべきタライが落ちない」というシチュエーションは、ぶっちゃけ若手芸人でも対応が難しいと思う。まあトークでの反省会を糧に精進してくれw

・サプライズプロポーズ

 人気シリーズ目白押しの今回にあって、地味ながら堅実な良作コントだと思う。

 サプライズプロポーズの演出を依頼した青年(星野)に応えるべく、サービス精神が行きすぎてネタバレしそうになるレストランの主人(内村)。木村カエラ「バタフライ」のピアノ演奏シーンは、思わずポケビのTERUを思い出したぜw

 指環のオチそのものはオーソドックスな見せ方だったが、時間経過を思わせる丁寧なカット割りなど、気楽に見て笑えるコメディー洋画を観賞した気分になった。